メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イエメン

内戦で人道危機が深刻化 大規模な飢饉の恐れ

 【カイロ篠田航一】アラビア半島南西端の国イエメンで続く内戦で、人道危機が深刻化している。人口の3分の1にあたる約900万人が緊急の食糧を必要としているとして国連世界食糧計画(WFP)は「前例のない水準」の大規模な飢饉(ききん)が迫ると警告している。

 イエメンでは2014年夏以降、サウジアラビアが支援するハディ大統領側と、イランが後ろ盾となっているイスラム教シーア派武装組織「フーシ」の対立が激化。首都サヌアで衝突が相次ぎ、ハディ政権は南部アデンに逃れた。やがて政争は内戦に発展し、サウジ主導の周辺アラブ諸国連合軍が空爆を始めた15年3月以降、多数の民間人を含む1万人以上が死亡し、総人口約2700万人の1割を超す300万人が難民・避難民…

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文802文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  2. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  3. ローソン 冷凍「たい焼き」に「今川焼き」混入 回収へ
  4. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
  5. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]