特定秘密文書

廃棄手続きが進行中 対象や省庁名は不明

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
特定秘密文書廃棄審査の流れ(イメージ)
特定秘密文書廃棄審査の流れ(イメージ)

14年末の特定秘密保護法施行後、初

 国の行政機関が指定した特定秘密を記録した文書について、廃棄に向けた手続きが進められていることが内閣府などへの取材で分かった。特定秘密文書の廃棄は2014年末の特定秘密保護法施行後、初とみられる。順次廃棄が進められるとみられるが、秘密文書は通常の文書と違って第三者のチェックに制約がある。専門家からは「本来残すべきものまで廃棄される恐れもある」との指摘がある。

 特定秘密文書は、公文書管理法に基づいて一般の文書と同様に、それぞれの保存期間を過ぎれば内閣府のチェックを受けた後に廃棄することができることになっている。ただし、特定秘密保護法の運用基準で、指定から30年を超えた文書は重要性が高いと判断されて一律に公文書館などに移管されて保存されることが定められている。

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文1035文字)

あわせて読みたい

注目の特集