メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皐月賞は単勝9番人気のアルアイン

 中央競馬のクラシック3冠第1戦、第77回皐月賞(G1)は16日、千葉県船橋市の中山競馬場の芝2000メートルに3歳馬18頭が出走して行われ、単勝9番人気のアルアインが、昨年のレースレコードを0秒1更新する1分57秒8で優勝した。松山弘平騎手はGI38回目の騎乗で初勝利。アルアインは2005年優勝馬のディープインパクトが父で、昨年のディーマジェスティに続いて、史上9組目の皐月賞父子制覇を達成した。

     4番人気のペルシアンナイトがクビ差で2着に入り、池江泰寿調教師の管理馬がワンツーフィニッシュ。3着には武豊騎手騎乗で12番人気のダンビュライトが入った。1948年のヒデヒカリ以来69年ぶりの牝馬優勝がかかった1番人気のファンディーナは、最後の直線で伸びず7着だった。売り上げは188億7350万8200円で前年比1.2%増だった。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 中国 飛行機エンジンに「おさい銭」 乗客「安全祈願」5時間遅れ 上海
    2. 自衛隊発言 稲田氏、軽さ露呈 安易な「政治利用」
    3. ペーパードライバー 運転しない理由「技量が不安」28%
    4. アマミイシカワガエル 「日本一の容姿」 奄美山中に /鹿児島
    5. 日下武史さんしのぶ会 北大路欣也感謝「何から何まで教わった」(スポニチ)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]