メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競馬

皐月賞は単勝9番人気のアルアイン

 中央競馬のクラシック3冠第1戦、第77回皐月賞(G1)は16日、千葉県船橋市の中山競馬場の芝2000メートルに3歳馬18頭が出走して行われ、単勝9番人気のアルアインが、昨年のレースレコードを0秒1更新する1分57秒8で優勝した。松山弘平騎手はGI38回目の騎乗で初勝利。アルアインは2005年優勝馬のディープインパクトが父で、昨年のディーマジェスティに続いて、史上9組目の皐月賞父子制覇を達成した。

     4番人気のペルシアンナイトがクビ差で2着に入り、池江泰寿調教師の管理馬がワンツーフィニッシュ。3着には武豊騎手騎乗で12番人気のダンビュライトが入った。1948年のヒデヒカリ以来69年ぶりの牝馬優勝がかかった1番人気のファンディーナは、最後の直線で伸びず7着だった。売り上げは188億7350万8200円で前年比1.2%増だった。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 九大の森 静寂こそ…インスタ映えで殺到、閉鎖も検討
    2. ヒョウモンダコ 猛毒 「絶対に触らないで」 長崎・諫早
    3. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
    4. 首都高 トレーラーから車3台落下 走行中、けが人なし
    5. 特集ワイド 財務事務次官のセクハラ疑惑 あきれた政府の人権感覚

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]