メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

試合決したプロ10年目の代打・聖沢、5球目を

 ○楽天4-3日本ハム●(延長十回、16日・コボパーク宮城)

 桜の花びら舞う杜(もり)の都の本拠地に、過去最多2万7165人の観衆を集めた楽天が劇的なサヨナラ勝ち。貯金をリーグ優勝、日本一となった2013年以来の8に伸ばした。

 試合を決したのはプロ10年目の代打・聖沢。同点の延長十回1死一、二塁で、日本ハム・鍵谷の初球の速球に豪快な空振り。これで「思ったより速い。タイミングが遅れている」と判断して修正した。それが実ったのが5球目。再び来た速球を振り抜き、右中間へのサヨナラ二塁打とした。

 楽天はここまでチーム打率2割8分超と打線が絶好調。開幕から2番を担うペゲーロを筆頭に、島内、岡島の…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文613文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです