メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京・春・音楽祭2017

カタリーナ・ワーグナー 革新こそが伝統 バイロイト音楽祭を仕切る

 あらゆる価値観が崩壊してゆく中で、リヒャルト・ワーグナーの作品に関する上演ほど、伝統の核を保持しているものはないだろう。それは、ワーグナーが建てた劇場でワーグナー作品を上演し続ける聖地・バイロイト(ドイツ)の存在であり、ワーグナーのひ孫に当たるカタリーナ・ワーグナーがバイロイト音楽祭の総裁として仕切る構造である。「東京・春・音楽祭」で4年間をかけたワーグナー《ニーベルングの指環》(“リング”)の上演が完結したのを機に、視察に来日したカタリーナに聞いた。

この記事は有料記事です。

残り1016文字(全文1245文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都大の吉田寮自治会が条件付き退寮表明
  2. 囲碁 小4仲邑菫さん、世界的強豪の壁高く
  3. はやぶさ2 あすリュウグウに着陸
  4. 空自戦闘機墜落 突発的トラブルか 異常、交信なく
  5. 中江首相秘書官「検討申し上げたかも」 勤労統計対象入れ替え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです