メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京・春・音楽祭2017

カタリーナ・ワーグナー 革新こそが伝統 バイロイト音楽祭を仕切る

 あらゆる価値観が崩壊してゆく中で、リヒャルト・ワーグナーの作品に関する上演ほど、伝統の核を保持しているものはないだろう。それは、ワーグナーが建てた劇場でワーグナー作品を上演し続ける聖地・バイロイト(ドイツ)の存在であり、ワーグナーのひ孫に当たるカタリーナ・ワーグナーがバイロイト音楽祭の総裁として仕切る構造である。「東京・春・音楽祭」で4年間をかけたワーグナー《ニーベルングの指環》(“リング”)の上演が完結したのを機に、視察に来日したカタリーナに聞いた。

この記事は有料記事です。

残り1016文字(全文1245文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  3. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  4. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火
  5. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです