メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 多和田葉子さん

多和田葉子さん=鶴谷真撮影

 ■百年の散歩 多和田葉子(たわだ・ようこ)さん 新潮社・1836円

不穏な歴史、時空超え

 「目的地に着いてしまうのではなく、道に迷えばアートになる。私もメモ帳を持って外出し、見えるもの聞こえるものを全て記述する実験をして書いたのがこの小説です」。そう語る著者は、日本語とドイツ語で小説を書くベルリン在住の作家だ。「カール・マルクス通り」「リヒャルト・ワーグナー通り」など、ベルリンの10の通りをさまよう「わたし」は「あの人」を捜している。とはいえ叙情には流れない。

 「あの人」にはなかなか会えない。最終盤では決別が示唆されているようだ。「ストーリーはオープン、と言…

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文935文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです