メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

吉里吉里忌

故・井上ひさしさんしのぶ、全国から500人 川西 /山形

(左から)古屋和雄、今村忠純、山口昭男の3氏=川西町上小松のフレンドリープラザで

 川西町出身の直木賞作家・劇作家で、2010年に亡くなった井上ひさしさんを語り継ぐ「吉里吉里忌(きりきりき)2017」が16日、同町上小松の川西町フレンドリープラザで開かれた。今回で3回目。全国から約500人のファンが集まり、作品を通して井上さんをしのんだ。

 鼎談(ていだん)「小説のたくらみと愉しみ」では、元NHKアナウンサー・古屋和雄さんの司会で、井上さ…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文448文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです