吉里吉里忌

故・井上ひさしさんしのぶ、全国から500人 川西 /山形

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
(左から)古屋和雄、今村忠純、山口昭男の3氏=川西町上小松のフレンドリープラザで
(左から)古屋和雄、今村忠純、山口昭男の3氏=川西町上小松のフレンドリープラザで

 川西町出身の直木賞作家・劇作家で、2010年に亡くなった井上ひさしさんを語り継ぐ「吉里吉里忌(きりきりき)2017」が16日、同町上小松の川西町フレンドリープラザで開かれた。今回で3回目。全国から約500人のファンが集まり、作品を通して井上さんをしのんだ。

 鼎談(ていだん)「小説のたくらみと愉しみ」では、元NHKアナウンサー・古屋和雄さんの司会で、井上さ…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文448文字)

あわせて読みたい

注目の特集