メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

吉里吉里忌

故・井上ひさしさんしのぶ、全国から500人 川西 /山形

(左から)古屋和雄、今村忠純、山口昭男の3氏=川西町上小松のフレンドリープラザで

 川西町出身の直木賞作家・劇作家で、2010年に亡くなった井上ひさしさんを語り継ぐ「吉里吉里忌(きりきりき)2017」が16日、同町上小松の川西町フレンドリープラザで開かれた。今回で3回目。全国から約500人のファンが集まり、作品を通して井上さんをしのんだ。

 鼎談(ていだん)「小説のたくらみと愉しみ」では、元NHKアナウンサー・古屋和雄さんの司会で、井上さ…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文448文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  3. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  4. 青森・岩木山で初雪 昨年より13日早く

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです