メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
発言

改めてチェルノブイリに学べ=尾松亮・ロシア研究者

 4月26日でチェルノブイリ原発事故から31年。日本でも福島第1原発事故から6年が過ぎた。筆者はチェルノブイリ被害者保護法(1991年成立、通称チェルノブイリ法)を一つの参考に、日本における被害者補償法の提案をしてきた。

 チェルノブイリ法は、生涯続く健康診断や、追加被ばく線量が年1ミリシーベルトを超えるリスクのある地域に「移住の権利」を認めるなど、広い範囲で国の長期的な補償責任を定めた。日本でも事故被害に対する国の責任が問われているが、なぜか「こんなものを参考にしてはいけない」という主張もキャンペーンのように叫ばれてきた。同法に対する典型的な誤解に反論しておきたい。

 (1)「チェルノブイリは国営だから国が責任を負った(=民営の日本で国に責任はない)」

この記事は有料記事です。

残り967文字(全文1296文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  2. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  3. 福岡の女子高で猿捕獲 17日から目撃情報

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです