メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読みトク!経済

サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 国有地どうやって売却されるの?=回答・大久保渉

86%が入札経ず 森友学園は公共目的で

 なるほドリーマン君 大阪市の学校法人「森友学園(もりともがくえん)」への国有地(こくゆうち)売却が問題になっていたけど、そもそも国有地ってどうやって売却されるの?

 記者 売却方法は大きく分けて、「競争入札(きょうそうにゅうさつ)」と「随意契約(ずいいけいやく)」の2種類があります。競争入札は一般に不特定多数の人に購入価格を競わせる方法で、国の売却予定価格を上回った人のうち最も高い金額を提示した人が購入できます。一方、随意契約は国が購入予定者をあらかじめ一人に絞り込む方法で、売買価格などについては国と購入予定者が1対1で交渉して決めます。会計法は原則として、より高い売却額を見込める競争入札を採用するよう定めていますが、緊急を要する場合や少額の場合などは随意契約を認めています。

 Q 森友学園の場合、緊急でも少額でもないのに随意契約だったよね?

この記事は有料記事です。

残り756文字(全文1150文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです