メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読みトク!経済

サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 国有地どうやって売却されるの?=回答・大久保渉

 なるほドリーマン君 大阪市の学校法人「森友学園(もりともがくえん)」への国有地(こくゆうち)売却が問題になっていたけど、そもそも国有地ってどうやって売却されるの?

 記者 売却方法は大きく分けて、「競争入札(きょうそうにゅうさつ)」と「随意契約(ずいいけいやく)」の2種類があります。競争入札は一般に不特定多数の人に購入価格を競わせる方法で、国の売却予定価格を上回った人のうち最も高い金額を提示した人が購入できます。一方、随意契約は国が購入予定者をあらかじめ一人に絞り込む方法で、売買価格などについては国と購入予定者が1対1で交渉して決めます。会計法は原則として、より高い売却額を見込める競争入札を採用するよう定めていますが、緊急を要する場合や少額の場合などは随意契約を認めています。

 Q 森友学園の場合、緊急でも少額でもないのに随意契約だったよね?

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文1150文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. 警官訪問後、容疑者飛び降り死亡 盗撮容疑、自宅の20階から 警視庁

  3. 大阪・吉村知事がうがい薬の使用呼び掛け、メーカー株価急騰

  4. 原付きバイクで名古屋高速走行の疑い 「ウーバーイーツ」宅配中か、愛知県警が捜査

  5. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです