メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競泳

世界水泳代表 リオ超え目指し18人 池江「メダル狙う」

 日本水泳連盟は17日、7月にブダペストで開催される世界選手権の競泳日本代表18人(男子9人、女子9人)を発表した。監督に就任した平井伯昌氏は「(昨夏の)リオデジャネイロ五輪のメダル(7個)を上回りたい」と意気込みを語った。【村上正】

 代表は16日に閉幕した日本選手権で水連が定めた標準記録の突破選手を対象とした。最年長は男子背泳ぎの入江陵介(イトマン東進)の27歳。女子史上初の5冠を達成した高校2年の池江璃花子(ルネサンス亀戸)と、女子200メートル個人メドレーの今井月(るな)=愛知・豊川高=の16歳が最年少になる。

 男子400メートル個人メドレーは世界選手権3連覇を狙う瀬戸大也(ANA)とリオ五輪金の萩野公介(ブ…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです