メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNaviグルメ

東と西の「どん兵衛」の違いは“だし”だけじゃないって知ってた? オスカル様もビックリの食べ比べ企画がスタート(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

日清食品は、「日清のどん兵衛 東西食べ比べ」6商品を期間限定で5月1日より全国で販売します。ラインナップは、東日本仕様と西日本仕様の「きつねうどん」「天ぷらそば」「カレーうどん」で、価格は各194円。

20170418-i02 (2)

 

「日清のどん兵衛 東西食べ比べ」は、つゆの味などが異なる“東日本仕様”と“西日本仕様”の「日清のどん兵衛」を期間限定で全国販売し、普段は食べることができない地域の味を楽しんだり食べ比べたりすることができる特別企画。今回は、連載45周年を迎えるマンガ「ベルサイユのばら」とのコラボにより、パッケージに同作品のキャラクターが登場し、東西の味の違いについて驚愕の表情でコメントしています。

20170418-i02 (1)

きつねうどん、天ぷらそばの東日本仕様は、“かつおだし”をきかせたしょうゆ感のある色の濃いつゆですが、西日本仕様は“昆布だし”をきかせただし感のある色の薄いつゆが特徴。また、カレーうどんの東日本仕様は、肉だしとスパイスをきかせたコクのある濃厚なカレーつゆなのに対し、西日本仕様は肉だしと昆布、かつおの合わせだしをきかせた味わい深いカレーつゆとなっています。

 

全国展開のカップ麺としては初めて地域別に味を分けて販売している「日清のどん兵衛」ですが、富山県、石川県、福井県、滋賀県、奈良県、和歌山県以西は西日本向け、北海道を除くその他の東日本は東日本向けを販売しているとのこと。ちなみに北海道地区は、「北のどん兵衛」ブランドとなっています。

 

普段食べることができない地域の味を、この機会にぜひ食べ比べしてみてはいかがでしょうか。

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  3. ネットバンクの不正送金被害が急増 「フィッシング」組み合わせた新しい手口目立つ

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. フィリピン、電子たばこ禁止へ ドゥテルテ大統領、公共の場での使用者逮捕命じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです