メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNaviグルメ

ハンバーガー評論家が「THE COUNTER®」の楽しみ方を伝授! 松原好秀が“CYOB”をオーダーしたらこうなった(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

黒船系バーガーVSハンバーガー評論家・松原好秀 THE COUNTER®」編

 

LA発のハンバーガーショップ「UMAMI BURGER®(ウマミバーガー)」と「THE COUNTER®(ザ・カウンター)」。どちらも1個1000円を超えるハンバーガーを提供(米国で11~13ドル)、テーブルにはナイフとフォーク、ナプキンがセットされ、ドラフトビールやボトルワインを揃えたバーがあって、注文と会計はすべてテーブルで済ませるーーそういったスタイルのハンバーガー「レストラン」が、この春、都内に続けてオープンした。

Exif_JPEG_PICTURE

 

両店はいわゆる「ファストフード」チェーンではない。多店舗展開はしているが、商品個々にかける手間暇、その思いのほどは、近年日本国内に増える「ハンバーガー専門店」のそれと変わりない。商品に対し、サービスに対し、妥協を許さぬ職人的な気質を両店ともに持ち合わせているのだ。彼らが持つ技術とノウハウは、従来のチェーンのようなシステマティックなものでなく、もっとアナログ的で、ずっと人間的だ。傾ける情熱もまた然り。

 

そんなLA発、日本初上陸の2店ーー。前回の「UMAMI」に続いて、本記事では「THE COUNTER」の魅力や楽しみ方についてご紹介してゆきたい。

 

その数100万通り以上! カスタムバーガーの魅力とは?

Exif_JPEG_PICTURE

THE COUNTER は2003年オープン。現在米国内33店のほか、海外7か国に9店を展開している。近隣ではマレーシアに1店。ハワイで食べた人もいるだろう。その43番目にあたる店が日本1号店。六本木の東京ミッドタウンにある。商業施設内の店であり、また上階に多くのオフィスを抱えるビジネス街の店でもある。

 

席数59席の店内中央には、コの字型の大きなカウンターが置かれている。店名の由来はこれかと思いきや、創業者ジェフ・ワインスタイン氏によると、世にハンバーガーショップの数あるなか、それらに対し「カウンターパンチ」を打ち返すがごとくに、彼らとはまったく違うハンバーガーを提供してゆきたいーーという思いから付けられたそうだ。

 

全80種類の食材とトッピング

THE COUNTER の特徴はずばり「カスタム」。全80種類の食材を自分好みに組み合わせて100万通り以上のカスタムが楽しめるという、それに尽きる。80種類の内訳はーーパティ5種類、バンズ4種類、バンズに代わるサラダ4種類、チーズ13種類、ソース21種類、その他トッピング33種類。さらにサイド(付け合せ)8種類。本国LAには86種類の食材がある。バイソン(野牛)やターキー(七面鳥)のパティなど、どうしても揃えられなかった食材もあるが、それでも海を越えて80種類まで再現できたのは快挙だ。

↑左から、めずらしい生のハラペーニョ、グリルしたアナハイムチリ(ベーコンの下)、そして塩とコショウはTHE COUNTER オリジナル↑左から、めずらしい生のハラペーニョ、グリルしたアナハイムチリ(ベーコンの下)、そして塩とコショウはTHE COUNTER オリジナル

 

その陰には大変な努力がある。例えば、ハラペーニョはアチラでは”生”を使う決まりだが(一般的には瓶詰めの酢漬け)、日本国内でこれを探すのはひと苦労だった。アナハイムチリという唐辛子に至ってはある国内農家に”お願いして”作ってもらっている。日本限定の食材もある。マヒマヒ(シイラ) のパティは日本だけのプレミアムパティだ。

 

あなたのバーガーをカスタムしよう!

では実際にカスタムしてみようーー。オーダーシートに「1」のパティから順に鉛筆でチェックを付けてゆく。わからないことがあっても大丈夫。店員がやさしくサジェストしてくれるので。

↑CYOBシート。私の”MY OWN burger”は、100%ビーフパティ・6oz(170g)・マルチグレインバンズ・ピメントチーズ・スパイシートマトジャム・ベビースピナッチ・レッドオニオン・グリル アナハイムチリ・コーン&ビーンズサルサ・ベーコン↑CYOBシート。私の”MY OWN burger”は、100%ビーフパティ・6oz(170g)・マルチグレインバンズ・ピメントチーズ・スパイシートマトジャム・ベビースピナッチ・レッドオニオン・グリル アナハイムチリ・コーン&ビーンズサルサ・ベーコン

 

私がカスタムした用紙を例に見てみよう。この「CREATE YOUR OWN burger(CYOB)」はパティのサイズでハンバーガーの値段が決まる。例えば、「100%ビーフ」パティのサイズ「6oz(170g)」を選ぶと1190円(以下:すべて税別)。これはいわば定額料金だ。バンズを選び、チーズとソースを選び、「6」からトッピングを好きなだけ選んで、ここまですべて1190円の料金内。私はさらに「7」のプレミアムトッピングからベーコンを選んだのでプラス100円で1290円。チーズとソースは2種類目からプラス100円。逆に「なし」も選択可。サイドはプラス300円。バンズをサラダスタイルにするとプラス250円。そのほか、プラス○円とあるものを選ぶとその分が加算される仕組みだ。

 

このオーダーをもとにキッチンで調理された”MY OWN burger”がこちらである。

↑ハンバーガー評論家・初カスタムの「CYOBバーガー」(1393円・税込)。にぎやかな味をビーフがしっかりと束ね、ハンバーガーの「核」を成している↑ハンバーガー評論家・初カスタムの「CYOBバーガー」(1290円/税別)。にぎやかな味をビーフがしっかりと束ね、ハンバーガーの「核」を成している

 

記念すべき1作目はいろどり重視で。パティはホルモン剤を使用せずに生育したオージービーフ170グラム。バンズはマルチグレイン(雑穀粉入り)。チーズはめずらしいピメントチーズを選択。赤い色が欲しくてソースはスパイシートマトジャムに。「6」からは何種類でもトッピング可能だが、しかし食べ物にはシナジーの限界がある。だから4種類を目安に選んだ。

 

その成果は……スパイシージャムとアナハイムチリとで甘味がかぶったかも知れない。けっこう甘い。そして辛い。チーズもピリ辛。独特のどこか懐かしい異国のにおいはコーン&ビーンズサルサから。ベーコンは焼き込んでパリパリ。バンズのオーツ麦の食感が印象的だったーー。狙い通りだったところもあれば、食べてみて初めて知る発見もある。そこがカスタムの面白さ!

 

だがこの場合、最も重要なのは、その下にどっしりと据わる直火焼きパティの存在感だ。その揺るぎない肉の存在あってこそ、初めて100万通り以上のカスタムが成立する。どんな遊びも冒険もすべて力強く受けとめてくれる。まず「肉」ありきーーこれがハンバーガーの基本構造。きらびやかなカスタムはその上にこそ映える。

↑ユニークなサイドメニュー「ベジスキュワ」(324円・税込)。オリーブオイルと塩コショウでサッと野菜をグリルした、シンプルだがカラフルな一品↑ユニークなサイドメニュー「ベジスキュワ」(300円/税別)。オリーブオイルと塩コショウでサッと野菜をグリルした、シンプルだがカラフルな一品

 

選び方ひとつで変わるカスタムの面白さ

THE COUNTER のカスタムには、乗車駅は同じでも、注文次第でたどり着く駅がそれぞれ違うといった面白さがある。選び方ひとつで行く先も変われば景色も変わる。でもどのルートも楽しく、そしておいしい。

 

最初のうちは思い通りにカスタムできないかも知れない。そこで私なりに思いついた方法を紹介すると、「ベーコンチーズバーガー」とか「ワッパーみたいに」とか、完成図をまず決めて、それに必要なものを集めてゆくというやり方だ。米国ではこうして作ったハンバーガーをインスタグラムにアップして、「○○と××の組み合わせは最強だよね」とか「△△を足すとさらにおいしくなるよ」などと情報を交換し合っている。なかには、真似したくなるようなかっこいいバーガーを上げている人もいる。

↑「ザ・カウンターバーガー」(1390円/税別)。パティのサイズは6オンス=170グラム。ガーリックアイオリソースは容器に入って別添えで提供

 

「自分好みにといわれても……」という人のために、店おすすめのトッピングによるシグネチャーバーガーもある。「ザ・カウンターバーガー」は、その定番中の定番だ。

 

まずはプンと香るパティのコゲ味の芳ばしさ。焼き加減はミディアムレア、中はジューシーでやわらか。注目はオニオンフライ。薄く平たくスライスされてパリパリとした新食感だ。そこへブリオッシュバンズの強めの甘味。マッシュルームの滋味。チーズの控え目なコク味。アイオリソースの味も強くなく適度ーー。このまとまりは「料理」のまとまりだ。すべての食材をひとつにまとめる強い意思が感じられる。味といい、堂々たるその姿といい、これはハンバーガーという名の洗練された「料理」ーー。あとはフォークとナイフで食べるもよし。手で持ってかぶりつくもよし。食べ方は各自の自由。なお、バーガー袋の用意はない。

 

いままで私たちが知らなかった新しいハンバーガーの食べ方を教えてくれる店、それがTHE COUNTER だと私は思う。店そのものが未知なる体験。食欲ならびに好奇心旺盛な皆さんに強くおすすめしたい。

 

Exif_JPEG_PICTURE

― shop data ―

所在地:東京都港区赤坂九丁目7番4号 東京ミッドタウン ガレリアB1

アクセス:東京メトロ・都営大江戸線 六本木駅8番出口直結、歩3分

オープン:2017年3月31日

営業時間:11:00~23:00(LO22:00)

定休日: 不定休(施設に準ずる)

【関連記事】
日本でコロンビアコーヒー買うならどれがいい? 成城石井&カルディのオススメ豆4選
ファミマのフラッペのおいしさの秘密はあのアイス会社のノウハウにあり? ストロベリーとチョコミントの2つの味が登場
ITワーカーよ、いまこそ「 BOSS」を飲むべし! デスクでPCと格闘する人のためのコーヒー
日本人なら仰天すること間違いなし! 味は絶品なのに見た目で誤解されやすい「B級ポーランド料理」5選
東と西の「どん兵衛」の違いは“だし”だけじゃないって知ってた? オスカル様もビックリの食べ比べ企画がスタート

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 京都市がホテル新規開業「お断り宣言」 オーバーツーリズム

  2. 東大大学院特任准教授が中国人差別ツイート 大学謝罪、企業は寄付停止表明も本人は反論

  3. 「いちごさん」親苗盗まれる 佐賀県の新ブランドイチゴ

  4. 大阪女児誘拐 容疑者は「せつじろう」 ハンドルネームでやりとり

  5. 野党のシュレッダー視察を内閣府拒否 「官房長の判断でだめと決まった」と押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです