メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リベリア

日本政府・国連機関が「エボラ後」支援

若者の雇用対策

 【ウィーン三木幸治】2014~15年にエボラ出血熱で多くの犠牲者を出した西アフリカ・リベリアで、日本政府と国連工業開発機関(UNIDO、本部ウィーン)が連携し、失業率の高い若者の雇用対策支援に乗り出すことを決めた。

 リベリアでは03年まで内戦があったが、官民の努力で国力を回復。だがエボラ出血熱が発生し、約4800人が死亡、再び経済が悪化した。エボラ出血熱の終息後は、リベリアに対する国際社会の関心低下が課題となって…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文542文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです