痴漢

疑われ、相次ぐ線路逃走 過去に死者、多額賠償も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
3月以降に東京都内であった痴漢を疑われた人物の線路立ち入り事件
3月以降に東京都内であった痴漢を疑われた人物の線路立ち入り事件

3月以降、都内で6件

 東京都内で3月以降、電車内での痴漢を疑われた男がホームから線路に飛び降りて逃走する事件が相次いでいる。電車の運行がストップして大勢の乗客に迷惑をかけるだけでなく、電車にはねられる危険もあり、鉄道会社は「絶対にやめてほしい」と呼びかけている。法律の専門家も「逃走は最もやってはいけない行為」と指摘している。【春増翔太】

 「俺じゃない」。今月13日午前7時50分ごろ、JR総武線両国駅(東京都墨田区)で紺色のジャケットを着た男がこう言い残し、線路に飛び降りた。電車内で痴漢行為を疑われ、女性2人とともにホームに降りた直後だった。男は線路を約50メートル走り、金網のフェンスを乗り越えて行方をくらませたという。

この記事は有料記事です。

残り921文字(全文1234文字)

あわせて読みたい

注目の特集