メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AV問題

強要排除へ第三者機関発足 業界改善促す

「AV業界改革推進有識者委員会」の(左から)河合幹雄委員、志田陽子代表委員、山口貴士委員、歌門彩委員=2017年4月17日、中嶋真希撮影

 アダルトビデオ(AV)への出演強要や意に反する内容の撮影などを問題視した報告書を人権団体が公表してから1年。AV業界に提言を行う第三者機関「AV業界改革推進有識者委員会」が4月に発足し、17日に会見が行われた。大学教授や弁護士ら有識者4人で構成され、出演強要を防ぐ仕組み作りについて提言を行う。業界の改善に大きな期待が寄せられる一方で、規則には法的拘束力がなく課題も残る。【中嶋真希】

 同委員会の代表委員は、「芸術と法」が専門の志田陽子・武蔵野美術大学教授。企業が不祥事を起こした際に…

この記事は有料記事です。

残り1029文字(全文1272文字)

中嶋真希

2006年毎日新聞社入社。静岡支局、毎日小学生新聞などを経て15年10月からデジタルメディア局。東日本大震災の影響で統廃合した宮城県石巻市の小学校や、性的少数者、障害者の社会進出などについて取材を続けている。共著書に「震災以降 終わらない3・11-3年目の報告」(三一書房)がある。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです