メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JAL 欧州でビジネスジェット運航 パリの会社と提携

ダッソー・ファルコン・サービスの親会社で航空機メーカーのダッソー・アビエーションのオリバー・ビラSVP(左)とJALの植木義晴社長。ファルコンのモデルプレーンを手に笑顔をみせた=東京都大田区の羽田空港で2017年4月18日、米田堅持撮影

 日本航空(JAL)は18日、フランスのパリを拠点にビジネスジェットを運航している「ダッソー・ファルコン・サービス(DFS)」と提携し、「JAL FALCNビジネスジェットサービス」を5月1日から販売すると発表した。JALを利用するビジネス客に、欧州各地への移動に便利なプライベートフライトを提供する。

 このサービスは、パリのシャルル・ドゴール空港に到着したJAL便の乗客が、近くのビジネスジェット専用のルブルジェ空港を経由して、欧州各地や中東、アフリカなど顧客の求めに応じて飛ぶオーダーメードの移動サービスだ。機体はDFSが運航する12~15人乗りの3種類のジェット機を使用する。空港はリムジンで送迎し、出入国審査も一般とは異なるルートを使うため、迅速でセキュリティーやプライバシーにも配慮される。

 料金は、例えば7人がパリから、マドリード、チューリヒ、ロンドンと金融拠点の4都市を1日で巡ってパリに戻るフライト(飛行6時間)で約450万円。JALは、1カ月に1件、年間50時間の顧客獲得を目標とし、同社が就航していない地域や、効率的に時間を使う必要があるビジネス層の利用を想定している。

 JALの植木義晴社長は「今回のサービスは新しい挑戦で需要を探る意味もある。自分もロンドンからパリまで乗ってみて、ビジネスジェットの一番の利点は時間価値の創出で、2番目は肉体的、精神的な疲労の軽減だと感じた。DFSは親会社が(機体の)ファルコンを生産しており、整備の実績もある」と語った。【米田堅持】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日馬富士暴行 リモコン、灰皿で殴打 個室モンゴル勢のみ
  2. クローズアップ2017 日馬富士関暴行 「キレた横綱」混迷 証言食い違い/報告遅れ
  3. 日馬富士暴行 貴乃花親方、協会と溝深く 黙して語らず
  4. 日馬富士暴行 任意聴取で認める 診断医師は重傷否定
  5. 社説 日馬富士関が後輩に暴行 横綱を名乗るに値しない

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]