銀行カードローン

残高急増、過剰融資を懸念

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国内銀行のカードローンと消費者金融の貸出残高の推移
国内銀行のカードローンと消費者金融の貸出残高の推移

 銀行の個人向けカードローンの残高が急増し、過剰融資を懸念する声が強まっている。消費者金融並みの高金利である一方、貸金業法で定められた融資額の制限(総量規制)が適用されず、多重債務対策の抜け穴になりかねないためだ。銀行業界は3月に融資審査の強化を申し合わせたが、「自主規制でどこまで効果があがるのか」と厳しい視線が注がれている。

 銀行のカードローンの残高は、貸金業法改正で貸金業者に「年収3分の1まで」との総量規制が導入された2010年6月以降、急速に増加。16年末は5兆4377億円で、10年3月末比65%も膨らんだ。特に日銀が大規模金融緩和を始めた13年以降、各行は高い金利を得られるカードローンをこぞって強化。一部地銀にとっては主力商品に成長した。

この記事は有料記事です。

残り965文字(全文1292文字)

あわせて読みたい

ニュース特集