メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮城スタジアム

車いす席増設「必要か」 県振興財団

2002年サッカー日韓W杯決勝トーナメントの日本・トルコ戦で、日本サポーターのブルーに埋め尽くされた宮城スタジアム=代表撮影

 2020年東京五輪・パラリンピックの既存会場を対象に毎日新聞が行ったアンケート調査で、サッカー会場の宮城スタジアム(宮城県利府町)を管理する同県スポーツ振興財団が、大会組織委員会がまとめた指針に沿った車いす席の整備は「果たして必要か」と答えた。組織委の指針の半数ほどしか車いす席がない宮城スタジアムが増設に慎重姿勢を示した背景には、一部で車いす席の利用が進まない現状があった。【飯山太郎】

 宮城スタジアムの総座席数は立候補ファイルによると約5万席。現在の車いす席数は196席(常設104、仮設92席)で、総座席数に対する車いす席数の比率は0.39%となる。五輪会場の車いす席数の比率を0.75%とするよう求める組織委の指針「Tokyo2020アクセシビリティ(利用しやすさ)・ガイドライン」に対しては179席が不足している。

この記事は有料記事です。

残り977文字(全文1340文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  2. 橋本五輪相 聖火リレー「体調不良の方は沿道来ないで」 新型肺炎

  3. 「アカデミー賞はどうなってるんだ」トランプ氏、韓国作品の受賞に不満

  4. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  5. WHO「致死率を考慮すると想定内」 クルーズ船2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです