メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イケア訴訟

椅子破損で和解 手に後遺症、男性に解決金

 スウェーデン発祥の大型家具店「IKEA(イケア)」の椅子が壊れ、手に障害を負ったとして飲食店経営の男性(45)がイケア日本法人(千葉県船橋市)に約4200万円の賠償を求めた訴訟が大阪地裁であり、同社が男性に解決金を支払う内容で和解していたことが17日、分かった。

 和解は今月11日付。訴状などによると、男性は2012年12月、飲食店の新規開店用に、イケア鶴浜店(大阪市大正区)で組み立て…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文485文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  5. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです