メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

「夢幻恋双紙 赤目の転生」 謎解きのような面白さ=評・小玉祥子

「夢幻恋双紙(ゆめまぼろしかこいぞうし) 赤目の転生」

 現代演劇の劇作家蓬莱(ほうらい)竜太作・演出による新作歌舞伎。

 何をやってもうまくいかない太郎(勘九郎)は同じ長屋の幼なじみで、憧れていた歌(七之助)と所帯を持つ。歌の兄で無法者の源乃助(亀鶴)は、太郎の不甲斐(ふがい)なさに怒り、彼を手にかける。

 死んだはずの太郎は幾度も生まれ変わり、少年時代からやり直す。転生の都度、太郎の立場、歌や周囲との関…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 読売新聞記者がセクハラ 懲戒処分へ
  3. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出
  4. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです