メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

第8回鮎川信夫賞贈呈式 新たな詩の戸口開く 高見順賞「空閑風景」にも

詩集『北山十八間戸』(気争社)で第8回鮎川信夫賞を受賞した荒川洋治さん=東京都千代田区のアルカディア市ケ谷で2017年4月7日

 第8回鮎川信夫賞(鮎川信夫現代詩顕彰会主催)の贈呈式が7日、東京都内であり、詩集『北山十八間戸(きたやまじゅうはっけんこ)』(気争社)の荒川洋治さんと『未知への逸脱のために』(思潮社)の伊藤浩子さん=同<中>=が表彰を受けた。詩集2冊の受賞は第2回以来6年ぶり。詩論集の受賞なしは初めて。

 ■  ■

 荒川さんは「人は震災後、戦後といった区分で世界を感じとるが、それを取り外し、広い歴史的な時間の中で人間の姿を見つめ直そうと、鎌倉時代の救済施設を素材にした。物事に酔いしれたり、描き過ぎたりしないよう意識したのは、情報化社会に対する一つの抵抗かもしれない」と自作を解説した。伊藤さんは「受賞詩集は自分一人で作ったものではない。無言のうちに死んでいった無数の死者たちに言葉に尽くしきれない心をささげたい。私…

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文880文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです