メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

線路はつづくよ/秋田

東北の春 山形県 JR陸羽東線・堺田駅 ロマンある分水嶺 東西に分かれ太平洋と日本海へ /秋田

JR堺田駅近くにある「分水嶺」=2016年6月、猪飼順撮影

 山形、宮城両県境近くの奥羽山脈の尾根に位置するのが、JR陸羽東線の無人駅「堺田駅」(山形県最上町堺田)だ。駅を出て北へ徒歩1分の距離に、水がそれぞれ日本海と太平洋に流れる分かれ目「分水嶺(ぶんすいれい)」がある。平らな場所にあるのは全国的にも珍しく、冬季を除いて県内外から大勢の観光客が訪れている。

 標高338メートルに位置し、地元の最上石で造った石碑がある。近くの大柴山から農業用水路を通った水は、分水嶺で東西方向に分かれる。西側は芦カ沢川、明神川、最上小国川、最上川を経て日本海に。東側は大谷川、江合川、旧北上川から太平洋に流れ着く。いずれも100キロを超える行程だ。

 「この水の流れは、いずれ太平洋と日本海に流れ着くのではと考えた」と話すのは、駅近くに住む高嶋昭さん…

この記事は有料記事です。

残り992文字(全文1329文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです