メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近影遠影

高橋一清・あの日あの人/96 稲垣達郎 師の心遣いと励まし /島根

 池島信平さんの采配により、改めて文藝春秋入社と決まった私だったが、実は、一旦不採用となって、止(や)むを得ず辞書をつくる出版社の入社試験を受け、内定を取り付けていた。母親が生命保険の外交をして学費を送ってくれていたが、病気勝ちでそれも限界。私は就職し、自活しなければならなかったのである。

 私は悩んだ末に内定の出版社に詫(わ)び、わがままを通したが、大学の教授会で問題となった。このとき私を救ってくださったのが、卒業論文の指導教授稲垣達郎さんだった。

 「高橋君は、辞書を作るより、文藝ジャーナリズムでの仕事が向いている。私たち教師は、才能を伸ばし、世の中に役立つ仕事をさせてやるのがいいのではないか」

この記事は有料記事です。

残り1030文字(全文1331文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  3. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  4. アート作品? 米ユタ州の砂漠で謎の金属柱発見 臆測が飛び交う

  5. 注目裁判・話題の会見 「保健室の先生に…」夢絶たれた女子高生 座間9人殺害10月28、29日公判詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです