メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

緊迫する朝鮮半島情勢

李鍾元・早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授=隈元浩彦撮影

 朝鮮半島情勢が緊迫している。トランプ米大統領は原子力空母を急派し、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮への軍事行動も辞さない構え。一方、北朝鮮は米国に「核の雷を落とす」と挑発し、ミサイル発射をやめる気配はない。米朝の狙いは。今後の見通しは。衝突回避のために国際社会は何をすべきなのか。

米朝、見えない出口戦略 李鍾元・早稲田大大学院アジア太平洋研究科教授

 北朝鮮は16日、ミサイルを発射し、失敗した。米韓合同軍事演習への対抗上、短射程ミサイルの発射はこれまでにもあったことだし、レッドライン(越えてはならない一線)を探る狙いもあったのだろう。4月いっぱいは合同演習が続き、25日には朝鮮人民軍創建85周年を迎える。予測は難しい。

 今回のチキンレースは、北朝鮮による核実験の「兆候」に米国がかつてない巨大な軍事的圧迫を加えることで…

この記事は有料記事です。

残り4186文字(全文4547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

  3. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  4. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです