メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
くらしの明日

私の社会保障論 高齢者の定義=日本リハビリテーション振興会理事長・宮武剛

「社会年齢」をやめよう

 年齢は何種類もある、といつも思う。

 「実年齢」(暦年齢)より若い「肉体年齢」の方はざらにいる。身体は衰えても若々しい「精神年齢」を保つ方も数多い。個々人の努力や意欲で実年齢は乗り越えられる。

 だが、筆者の造語だが、「社会年齢」と呼ぶべき存在がある。本人の意思を無視して社会が一方的に決める年齢だ。その代表が「定年」ではないか。

 日本老年学会等が高齢者の定義を「65歳以上」から「75歳以上」にしようと提唱した。知力や体力で若返…

この記事は有料記事です。

残り870文字(全文1095文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  3. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  4. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです