メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 高齢者の定義=日本リハビリテーション振興会理事長・宮武剛

 年齢は何種類もある、といつも思う。

 「実年齢」(暦年齢)より若い「肉体年齢」の方はざらにいる。身体は衰えても若々しい「精神年齢」を保つ方も数多い。個々人の努力や意欲で実年齢は乗り越えられる。

 だが、筆者の造語だが、「社会年齢」と呼ぶべき存在がある。本人の意思を無視して社会が一方的に決める年齢だ。その代表が「定年」ではないか。

 日本老年学会等が高齢者の定義を「65歳以上」から「75歳以上」にしようと提唱した。知力や体力で若返り傾向が明確に出た結果、という。65~74歳は「准高齢者」と名付けられた。65歳で「高齢者」「引退者」とレッテルを貼る風潮を改めたい、という趣旨には大賛成だ。

この記事は有料記事です。

残り802文字(全文1095文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 国内感染、新たに71人 新型コロナ、富山で初確認 志村けんさんら4人死亡

  4. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  5. ORICON NEWS 加藤茶、仲本工事、高木ブー、志村けんさん追悼「非常に悔しいです」「早すぎるよ」[コメント全文]

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです