メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高齢者住宅

進む支援 きょう改正法成立 入居後サポート鍵に

ふるさとの会は一軒家を改修したシェア型の住居を使った支援もしている=東京都墨田区で2017年4月6日午前11時57分、堀井恵里子撮影

 空き室はあるのに高齢者がなかなか入れない--。こうした状況の改善に向け、国や民間団体の取り組みが広がっている。住居の確保だけでなく、その後の生活支援をセットにすることがポイントだ。民間の支援を後押しするための高齢者らの住宅確保などに関する改正法が19日に成立するが、その担い手の確保が課題となりそうだ。【堀井恵里子】

 東京都墨田区の住宅街に建つ4室の小さなアパート。長年空き家だった2階建ての一軒家が2015年に改修…

この記事は有料記事です。

残り1821文字(全文2030文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一時閉鎖した「明るい廃虚」のピエリ守山が超人気スポットに再生した理由

  2. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  3. 反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです