メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震1年

マンション修繕、鍵発見 保険判定「一部損」、資金面で壁 公的制度フル活用 交流で合意形成

 熊本地震の発生から1年以上が経過したが、損傷した分譲マンションの復旧・修繕はなかなか進んでいない。

 熊本県マンション管理組合連合会が2016年12月~17年1月、当時加盟していた熊本市内の71管理組合にアンケートしたところ、連絡が取れなかった7組合を除くと、罹災(りさい)証明に伴う市の被害認定調査で全壊6▽大規模半壊4▽半壊16▽一部損壊38--と判定されていた。

 このうち修繕工事をしたり、工事の見積もりを終えたりしたのは3割ほどしかない。連合会によると、保険会…

この記事は有料記事です。

残り1155文字(全文1389文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. 陸上イージス 防衛省、標高も誤り グーグル使いズレ
  5. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです