メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京マラソン、一般参加取りやめ 新型肺炎拡大受け
トランプ氏

「米国製品購入」の大統領令に署名

米トランプ大統領=2017年4月18日、AP

 【ワシントン清水憲司】トランプ米大統領は18日、政権の基本原則として掲げる「バイ・アメリカン(米国製品を購入せよ)」実施に向けた大統領令に署名した。2009年の景気対策法は公共事業などで米国製品を優先購入する「バイ・アメリカン条項」を盛り込んだが、例外措置が多いとして、連邦政府の事業で徹底を図る。国内雇用や鉄鋼業を保護する狙いがあるとみられる。

 トランプ氏は中西部ウィスコンシン州で演説し、「バイ・アメリカン条項は免除や例外措置で骨抜きにされた結果、安価で低品質、補助金で支援された外国製品によって雇用が失われた」と述べた。同条項は制定時に国際的な批判を浴びたため、「国際合意に沿う形で適用する」との文言が加わり、運用が緩和された経緯がある。

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  2. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  3. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  4. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

  5. 「みんなしゃべれます」泣き叫ぶ職員 やまゆり園での犯行詳細が明らかに 相模原殺傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです