メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

懐かしい風景に笑顔 隊員ら青森到着

南スーダンの国連平和維持活動(PKO)から帰国した陸上自衛隊員を出迎える家族や同僚ら=青森市の青森駐屯地で2017年4月19日、喜屋武真之介撮影
南スーダンから帰国し、青森空港に到着した自衛隊員=青森市で2017年4月19日、佐々木順一撮影

 アフリカの南スーダンから青森空港に到着した陸上自衛隊員は、約5カ月ぶりとなる日本の風景に思わず安堵(あんど)の表情を浮かべた。現地での国連平和維持活動(PKO)から撤収し、19日に帰国した陸上自衛隊第11次隊の第1陣。青森市の第9師団を中心とする部隊で、家族は派遣元の青森駐屯地(同市浪館)に駆けつけ、無事に帰ってきた隊員を笑顔で出迎えた。

 「青森は南スーダンと比べると寒いですね」。隊員を乗せた飛行機は午前11時過ぎ、青森空港に着陸した。小麦色に日焼けした約70人は、第1陣を取りまとめた石井究(きわむ)3等陸佐を先頭に到着ゲートから出た。緊張した様子だったが、懐かしい青森の風景を目の当たりにして次第に笑顔に。記者が声をかけると「ありがとうございます」と笑顔で答えた。

 迷彩服の右肩には国連マーク。左肩には日の丸のワッペン。昨年11月、安全保障関連法に基づく「駆け付け警護」任務を初めて付与されて現地に向かったが、実施することはなかった。空港では第9師団の部隊長らが拍手で出迎え、ねぎらいの言葉をかけた。

 空港を出た隊員たちは、バスで青森駐屯地へ。家族や留守を守った隊員たちは部隊名が書かれた旗を立てて花道をつくり、拍手で帰国隊員たちを迎えた。

 駐屯地内の広場で行われた帰国セレモニーでは、石井3等陸佐が「異常なく帰国しました」と報告。第9師団の納冨中(のうどみ・みつる)師団長は「建国間もない南スーダンの発展に寄与してくれたと思う。ありがとう」と感謝を伝えた。

 セレモニー後に報道陣の取材に応じた石井3等陸佐は「首都ジュバの治安は安定していたが、安全に気をつけ任務を遂行した」と話した。

 「駆け付け警護」については「国内で準備と訓練をしたので、不安はなかった」とした。【佐藤裕太、一宮俊介、北山夏帆】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国 飛行機エンジンに「おさい銭」 乗客「安全祈願」5時間遅れ 上海
  2. 中国 エンジンへ硬貨まいて離陸5時間遅れ
  3. 豊田衆院議員 暴言「高速逆走が原因」会見で自民・細田氏
  4. 自衛隊発言 稲田氏、軽さ露呈 安易な「政治利用」
  5. ORICON NEWS “ひふみん”、現役引退までを追うドキュメンタリー放送

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]