メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
サイバスロン

最先端技術で障害者が競う 20年スイスで

 最先端の生物機械工学やロボット工学技術を取り入れた義手や義足などを使い、障害者がさまざまな競技に挑む国際大会「サイバスロン」を紹介する発表会(在日スイス大使館主催)が17日、東京都内で開かれ、「電動外骨格」(エクソスケルトン)と呼ばれる補助具の実演が行われた。

 大会名はサイバーとギリシャ語で競技を指すアスロンを合わせた造語。技術開発の促進と普及を目的とし、昨年10月、第1回大会がスイス・チューリヒで開催された。競技は6種目。義手で電球をつけたり、電動車いすで階段を上…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文591文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

  5. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです