メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米副大統領カレン夫人

アートセラピーの重要性訴え

アートセラピーの説明を受け、患者や保護者たちに話しかけるカレン・ペンス米副大統領夫人(右端)=東京都中央区の聖路加国際病院で2017年4月18日午後3時10分、根岸基弘撮影

 来日中のカレン・ペンス米副大統領夫人は18日、東京都内で毎日新聞と会見し、10年以上も啓発活動に取り組んでいる心理療法のアートセラピーの重要性を唱えた。「より多くの人に専門性の高い心理療法であることを理解してもらい、この職業(の地位)を高めていきたい」と語った。

 アートセラピーは病気や心的障害に悩む人が創作活動を通して治癒を進めていく療法。カレン氏が啓発活動に目覚めたきっかけは、2006年に首都ワシントンの病院を視察した際、この治療を受けていた子どもたちが喜んで病院に通う姿を目に…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです