メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

尿のにおいで「線虫のがん検査」装置開発、量産化

日立製作所が開発した線虫による自動がん検査装置の試作機=共同

19年をめどに 1回数千円

 日立製作所は18日、体長が約1ミリの線虫に人の尿のにおいを嗅がせ、その反応からがんを発見する自動検査システムを開発したと発表した。2019年をめどに装置の量産化を目指す。1回数千円で、体への負担が少ないがん検査が可能になる。

 九州大発のベンチャー企業のHIROTSU(ヒロツ)バイオサイエンスと共同研究を進める。判定の精度は約9割に達しているといい、さまざまながんの種類も特定できるようにする。

 線虫は犬並みに嗅覚が鋭く、がん患者の尿に近づく一方、健常者の尿からは逃げる性質を利用する。(共同)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 交渉で昭恵氏の名 籠池氏が財務省幹部に
  2. 東大 セックスでの同意とは…「キャンパスレイプ」なくせ
  3. #東北でよかった 潮目がらり「怒り」が一転「東北愛」に
  4. 豊洲市場 石原元知事らの証人尋問、都が同意へ 住民訴訟
  5. どうすれば安全安心 関心高まる、がんの免疫療法 有効性不明な治療も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]