特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

Listening

<記者の目>変質する本屋大賞=内藤麻里子(東京学芸部)

  • コメント
  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「蜜蜂と遠雷」が本屋大賞に選ばれ、全国の書店員に囲まれた記念撮影で笑顔を見せる恩田陸さん(中央)=東京都港区で2017年4月11日、佐々木順一撮影 拡大
「蜜蜂と遠雷」が本屋大賞に選ばれ、全国の書店員に囲まれた記念撮影で笑顔を見せる恩田陸さん(中央)=東京都港区で2017年4月11日、佐々木順一撮影

「アンチ直木」次はどこへ

 先ごろ発表された2017年本屋大賞(同賞実行委員会主催)の贈賞式は華やかだった。それもそのはず、受賞は恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎)で、恩田さんはすでに同作で1月の直木賞を射止めている上、12年前の05年本屋大賞を「夜のピクニック」(新潮社)で受けたのに次ぐ2度目の受賞。二重の意味でのダブル受賞に普段以上に注目度が高まったのだ。

 とはいえ、本屋大賞は「アンチ直木賞」でスタートした。今回、直木との同時受賞は賞の変質を意味する。どのように変わったのか。まずは賞の変遷から見ていこう。

 本屋大賞は、書店員が「売り場からベストセラーを作ろう」と04年に創設した。きっかけは、03年1月の第128回直木賞をめぐりWEB「本の雑誌」で行われた書店員の座談会だった。角田光代さんの「空中庭園」、横山秀夫さんの「半落ち」など、自分たちが面白いと思う候補がありながら、結果は「受賞作なし」。これに「納得いかない」との声が上がり、「自分たちで作ろう」ということに。「打倒 直木賞」ともてはやされた。

将来を見越すか、いま読みたいか

 一方、当の直木賞はどんな反応を見せたか。現在、同賞選考会で司会を務める文芸春秋「オール読物」の大沼貴之編集長は「販売する現場からの力強いメッセージであり、それをどう受けとめるか問われた」と振り返る。同賞の候補作は社内選考で決まる。「候補の選び方が広くなった」と影響を認める。さらに「両賞は時間軸が違う。直木は『この後もずっと書いていってくださいよ』と選考委員(全員作家)が送り出す。今後どう書いていけるか、その力があるか委員はよく見ている。他方、本屋大賞は今読んでもらいたい本」と、性格の違いも考えさせられたという。

 では、売りたい本を選ぶという側面から本屋大賞のシステムを見てみよう。当初から裏方を担ってきた博報堂ケトルの原利彦プロデューサーによると、あくまで本の販売を念頭に置き、出版取り次ぎ大手に協力を求めた。「小さい本屋には、売りたいと思う話題作が入荷しない不満があったから」と原さんは話す。そこで発表1カ月前に受賞内定を出し、版元の増刷、取り次ぎの配本に配慮。「発表の翌日にはどんなに小さな書店でも、投票した書店員のいる店には優先的に配本されるように体制を組んだ」

 それでも第1回の小川洋子さん「博士の愛した数式」が、どれほどの影響を持つのか皆目わからなかった。新聞記事もごく小さな扱い。版元もこわごわ5000部増刷。それがあっという間になくなって、その後、文庫も合わせてミリオンセラーに。

 やがて受賞作はどの賞よりも売れ、映画化も相次ぎ、編集者が「一番ほしい賞」と口にするようになった。今や、昨年の宮下奈都さん「羊と鋼の森」は受賞時に22万部増刷。15年の上橋菜穂子さん「鹿の王」は候補段階から受賞までに70万部超の増刷。「予想より売れる賞になり、我々の手を離れていった」と実行委員会の浜本茂理事長が話す。

 同時に、受賞前すでに100万部超だったリリー・フランキーさんの「東京タワー」を選んだことへの批判(06年)、後に直木賞候補を辞退した伊坂幸太郎さんが「ゴールデンスランバー」で賞を受けたこと(08年)など話題に事欠かなかった。

 そこに、恩田さんのダブル受賞である。

 直木賞に対する独自性を疑問視する声がある。しかし浜本理事長は「投票する書店員も増え、若い世代も加わり、もう直木賞を意識しなくてもいいと思う人が増えたのでは」と語る。原プロデューサーも「『打倒 直木賞』と言われていた頃、直木はずっと上の存在だったが、もはやフラットに共存できる賞として認知されたと思う。市場が縮小する中、足を引っ張り合ってもダメということでは」と分析。今年で14回という時間による変遷が賞への自信も責任も生み、出版不況も手伝ってアンチ色を薄めたということだ。「『蜜蜂と遠雷』という力強い作品が、両賞を期せずしてくっつけたということでしょう」と、大沼編集長。

多彩な面白さに光が当たるよう

 けれど、直木賞をとらない、もしくはとれない作品を選ぶ意味は依然大きい。小説の面白さは多彩なのだ。今回の結果に「曲がり角感がある」という市川真人・早稲田大文学学術院准教授。「書店員は忙しい。たくさん読んだ中から面白い本を選んでいるというイメージは現実的に無理がある。いきおい話題の本から選ぶ傾向にある」と話し、「専門性と大衆性の絶妙な間を取って存在している。でも、どんなものにも賞味期限は来る。あとはやりようです」。実行委員会内ではさらに過激な意見もある。「そろそろ『打倒 本屋大賞』が出て来てもいい」(杉江由次理事)

 面白い本は読まれてほしい。長年、文芸担当記者をしていて切実に思うことである。本屋大賞のアイデアはすばらしかった。今、もう一段の工夫が求められているのだ。創設当初、既存の賞にはなじまない渋い作品も候補になっていた。そんな志もぜひ思い出してほしい。

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集