メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サワコの朝

フラメンコを踊る!? 夏目三久の新たな魅力にサワコが迫る

[PR]

 トーク番組「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット、4月22日午前7時半~8時)のゲストは、フリーアナウンサーの夏目三久。

 大学卒業後の2007年、日本テレビに入社。人気番組にレギュラー出演し一躍人気者に。26歳で同社を退社後は、フリーアナウンサーに転向。「あさチャン!」では、メインキャスターを務めるなど変わらぬ活躍で輝き続けている。

 「マツコ&有吉の怒り新党」では、強烈なキャラを持つ2人との共演から自分の役割に悩んでいたと告白。また、日本テレビ入社1年目で抜擢されたみのもんたが司会を務める番組のアシスタント時代には、みのから大切な言葉をもらったという。今でも毎日思い出すというその言葉とは!?

 「記憶の中で今もきらめく1曲」は、ウルフルズの「笑えれば」。大阪出身の夏目は、日本テレビ入社前の研修期間、親との電話も控えたほど関西弁が抜けず苦労したという。入社式前日に聴き、励まされたこの曲と当時を振り返る。

 “朝の顔”になって4年目を迎えた夏目は、深夜2時に起床し5時25分からの生放送に励む日々を送っている。大学4年間は、フラメンコに励み、家の中では、ぼーっとしていることを好むのだとか……。週末には大好きな相撲を観にいくという夏目の普段は見せることのない素顔にサワコが迫る。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 「新型コロナの検査させて」 小学生らを誘拐未遂、容疑で23歳逮捕 兵庫県警

  3. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです