メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
らっこ・ライブ・レビュー

美空ひばり生誕80周年記念 頂点の歌は時代と結ぶ

 美空ひばり生誕80周年記念<だいじょうぶよ、日本!ふたたび 熊本地震・東日本大震災復興支援チャリティーコンサート>が5日、東京ドームで行われた。

 1989年に52歳で亡くなったひばりさんの人生を、天才少女と呼ばれた幼少期から、ヒット曲を連発して国民的歌手になるまで、そして病魔と闘いながら歌に命をささげた最後までを、当時の映像を使いながら名曲と共に振り返る構成で3万人を魅了した。

 映像を見ていると、時代がひばりさんの歌を作り、ひばりさんの歌が時代の“応援歌”だったということがよ…

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文749文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡「長浜の屋台」がピンチ 廃業相次ぎ「さみしか」 中洲や天神と明暗分かれ

  2. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 高梨沙羅がGP総合8連覇 ジャンプ女子

  5. 皇室 侍従記録「戦争責任言われつらい」 晩年の昭和天皇吐露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです