メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アマ本因坊県大会 参加者募集 来月14、21日みと文化交流プラザ 優勝者は全国大会へ /茨城

 囲碁のアマチュア日本一を決める「第63回全日本アマチュア本因坊決定戦」の県大会を開催します。優勝者は8月19、20日に東京・日本棋院会館で開かれる全国大会に県代表として出場します。県大会の参加者全員に本因坊文裕らプロ棋士のイラスト入り記念扇子を贈呈

    します。

     <日時・場所>第1日=5月14日(日)・みと文化交流プラザ(水戸市五軒町1の2の12)▽最終日=5月21日(日)・同。両日とも、会場で午前9時半から受け付け、同10時に対局開始。

     <参加資格>県内在住、または在勤、在学するアマチュア。他の都道府県大会との重複参加は不可。

     <参加料>1000円

     <競技方法>互い先、先番6目半コミ出し、一番勝負のトーナメント。

     <表彰>優勝者に県アマチュア本因坊の称号、全国大会への出場権と賞状、2~4位に賞状を贈る。

     <申し込み>はがきに住所、電話番号、氏名、生年月日、職業、これまでの出場歴を明記して、〒310-0011 水戸市三の丸1の5の18、毎日新聞水戸支局「アマチュア本因坊係」へ。5月7日(日)必着。

    主催 毎日新聞水戸支局

       日本棋院県支部連合会

    特別協賛 アフラック

    協賛 スターツグループ

       滝久雄(ぐるなび創業者)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 夏の高校野球 仙台育英サヨナラ 大阪桐蔭春夏連覇消える
    2. 西鉄 旧大名小の隣接地取得 「天神ビッグバン」関連
    3. 第99回全国高校野球 楽天ジュニア出身、仙台育英に5人 東北にまいた種、育つ
    4. 夏の高校野球 初回先制攻撃 花咲徳栄が2年ぶりベスト8
    5. WEB CARTOP 高速道路でシフトダウンのみの減速は危険なことも!

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]