衆院区割り

線引き変更戸惑い 選挙区減「田舎につらい」 /三重

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
閉店や移転でシャッターの目立つ尾鷲市の商店街。定数削減で国政へ市民の声が更に届きにくくならないか懸念が広がる=尾鷲市栄町で
閉店や移転でシャッターの目立つ尾鷲市の商店街。定数削減で国政へ市民の声が更に届きにくくならないか懸念が広がる=尾鷲市栄町で

 「1票の格差」是正に向け、衆院選挙区画定審議会(区割り審)が19日、小選挙区の新区割り案を勧告した。県内5選挙区は全選挙区を巻き込む形で1減の4選挙区に再編された。津市は分割が解消されて松阪市と新1区となり、新4区は県内29市町の過半数の15市町で構成された。四日市市は線引きを変更して、分割が継続された。生活へ与える影響について、関係首長や市民らから複雑な声も漏れた。【橋本明、新井敦、栗藤和治】

この記事は有料記事です。

残り1252文字(全文1452文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集