メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

すみたにのわかやマニア

/10 みの印章堂 そっくり、似顔絵はんこ /和歌山

似顔絵のはんこを製作するみの印章堂のスタッフら=すみたに提供

 どうも~! 4月アタマにお花見をしようと京都まで足を延ばしたんですが、なんと桜はまだ2本しか咲いておらず……。花見ならぬ「つぼ見」を堪能したお兄ちゃんの匡俊が今回紹介するのは、1958年から七曲市場の東側入り口に店を構える老舗のはんこ屋さん「みの印章堂」です。

 取材のアポを入れて会社を訪ねると、入り口にババアァンッと僕たちの似顔絵ポスターが掲げてあるじゃあ~りませんか! 匡俊カンゲキ!! でもこれ、単なる歓迎の印じゃないの。何を隠そう、みの印章堂は、似顔絵に特化した商品を展開するはんこ屋さんなんです。箕尾光芳社長(59)の妻、典子さん(59)は「スタッフが描く有名人の似顔絵がすごく上手で、これは商品になると直感しました」と説明します。

 その似顔絵アーティストがスタッフの上田菜実代(なつよ)さん(23)。「子どもの頃から絵を描くのが大好き」で、和歌山市立和歌山高校のデザイン表現科に通いました。「イラストレーターなどのデザインソフトで自由にポスターを作ったことが楽しかった」と振り返ります。こだわりは色鉛筆を使ってデッサンすること。「柔らかさが出て好きなんです」と笑います。高校時代には和歌山市の職員募集ポスターなどに採用された実績が…

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文1151文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 「Hey!Say!JUMP」伊野尾さんがコロナ感染 他メンバーは陰性

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  5. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです