ゾウコンニャク

開花 不気味で臭くても…花 佐伯 /広島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
開花した国内最大級のゾウコンニャク=広島市佐伯区の市植物公園で、竹下理子撮影
開花した国内最大級のゾウコンニャク=広島市佐伯区の市植物公園で、竹下理子撮影

 広島市植物公園(佐伯区)で18日夕、ゾウコンニャクが開花した。形が不気味なゾウコンニャクは2012年、世界最大の花「ショクダイオオコンニャク」の球茎と誤って仕入れたのが栽培のきっかけ。以来、6年連続で開花している。

 地中の球茎がゾウの足に似ていることから命名されている。虫を引き寄せて受粉するため、…

この記事は有料記事です。

残り155文字(全文305文字)

あわせて読みたい

注目の特集