吉志学舎

一般開放 元井筒屋社長、故・局氏の邸宅 市民が語り合う交流の場に 門司 /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「吉志学舎」開学を祝い局氏邸の庭に集う人たち
「吉志学舎」開学を祝い局氏邸の庭に集う人たち

 井筒屋社長、会長を務めた故・局(つぼね)哲平氏(1911~2012)の門司区吉志にある邸宅が、文学同人誌「九州作家」代表の中尾三郎さん(75)により市民の文化交流の場「吉志学舎」として整備され、一般に開放されることになった。16日に開学式があり同人や地元住民ら約70人が門出を祝った。

 一帯は東に周防灘を望む戸ノ上山ふもとの田園地帯。1500平方メートルほどの敷地に建つ邸宅は木造一部2階建て。1階だけでも25畳の大広間を始め12部屋があり離れに茶室も備える。局氏の遺族らによれば、地域の大地主だった局氏の祖父が慶応年間に建て、局氏の父が昭和初期に現在の規模…

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文702文字)

あわせて読みたい

注目の特集