メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

今貂子さん=京都の舞踏専用劇場で踊る

今貂子(いま・てんこ)さん(58)

 白塗りと独特の身体表現で、「Butoh(ブトー)」として海外にも広まった「舞踏」。京都・三条に昨夏、「世界初の専用劇場」としてKYOTO舞踏館が開館した。昨年4月のプレオープン以来、踊り手として週1日2公演のロングランを担う。

 群馬県渋川市出身。1970年代後半、群馬大学演劇部に所属した。若者が「しらけ世代」と言われた時代。3年生の時、先輩の誘いで京都の舞踏集団「白虎社」の体験合宿に参加し、魅了された。「未知の世界へのあこがれを満たすもの。それが舞踏だった」

 金粉を塗って踊った発表会を機に、大学を3年間で休学して入団した。白虎社は94年に解散したが、自らは…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文675文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  5. 原田前環境相 処理水海洋放出再び主張 政府小委を批判 AbemaTVで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです