自動車

日産スカイライン60周年 六本木に歴代勢ぞろい

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
一堂に会した歴代の日産スカイライン=東京都港区の六本木ヒルズアリーナで2017年4月20日、兵頭和行撮影
一堂に会した歴代の日産スカイライン=東京都港区の六本木ヒルズアリーナで2017年4月20日、兵頭和行撮影

 日産スカイラインの歴代全13モデルが20日、東京都港区の六本木ヒルズアリーナで一堂に会した。スカイライン誕生60周年を記念したもので、展示は24日まで。

 スカイラインは、1957年に初代が発売され、当時の国産車としては最速の時速125キロを記録する高性能セダンとして登場した。3代目ハコスカ、4代目ケンメリ、5代目ジャパン、6代目ニューマンスカイラインと代々愛称で親しまれた。また最高級グレードのGT-Rはレースで勝つことを主眼に開…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

あわせて読みたい

注目の特集