メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

慰安婦少女像問題

韓国への中学生派遣を中止 松山市 

 松山市と松山国際交流協会が、今年7月に実施予定だった友好都市の韓国・平沢(ピョンテク)市との中学生交流事業を中止することが19日、分かった。同市での従軍慰安婦問題を象徴する少女像の設置などを受け、「市民の理解が得られない」と判断した。

 市によると、交流事業は、中学生に異文化への理解を深めてもらおうと2006年から実施。例年、中学生10人らを7日間程度派遣している。中止は新型インフルエンザの感染が世界的に拡大した09年、中東呼吸器症候群(MERS)の感染が拡大した15年以来3回目。3月末に中止を決め、4月から開始する予定だった派遣生徒の募集をやめた。

 市観光・国際交流課は「中止は残念だが、保護者の皆さんが生徒を安心して送り出せないと判断した。来年以降については白紙」としている。姉妹都市の米・サクラメント、独・フライブルク両市への派遣は予定通り実施する。【成松秋穂】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青森・横浜 イワシの次はクジラ漂着 処分費用困惑
  2. カジノ法案 入場料安すぎ…異論続々 政府が値上げ検討
  3. 宮崎牛 米アカデミー賞で“世界デビュー”決定
  4. 台湾地震募金デマ 軽はずみで投稿炎上 個人情報も暴かれ
  5. 五輪スノーボード レデツカ快挙、2種目同時「金」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]