慰安婦少女像問題

韓国への中学生派遣を中止 松山市 

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 松山市と松山国際交流協会が、今年7月に実施予定だった友好都市の韓国・平沢(ピョンテク)市との中学生交流事業を中止することが19日、分かった。同市での従軍慰安婦問題を象徴する少女像の設置などを受け、「市民の理解が得られない」と判断した。

 市によると、交流事業は、中学生に異文化への理解を深めてもらおうと200…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文387文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集