メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ダイビング施設

ふわりマンボウ 一緒にすいすい 和歌山

体長約1メートルのマンボウ。とぼけた表情が人気だ=和歌山県すさみ町で

 和歌山県すさみ町のダイビング施設「クラブノアすさみ」が、いけすで飼育する海水魚マンボウと泳ぐ企画「マンボウスイム」を開催中だ。

     マンボウは大きな体にとぼけた表情が人気だが、海で遭遇する機会は極めて少ない。施設は昨年12月に三重県尾鷲市の定置網で捕獲された個体を引き取り、約3カ月かけて人に慣らした。同町の周参見漁港内のいけす(縦10メートル、横5メートル)で飼っており、人が水面に浮かぶとマンボウの方からふわりふわり近づいてくる。

     5月の大型連休ごろまで実施予定。問い合わせはクラブノアすさみ(0739・55・4511)。【三村政司】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大相撲 貴乃花親方 元日馬富士暴行事件の見解公表
    2. 世界の雑記帳 ロブスターは失神させてから調理を、スイスが保護規定定める
    3. 岩波書店 広辞苑「しまなみ海道」説明誤り 「大島」違い
    4. 野田元首相 SPゼロにぼやき「ドア開閉の人いない」
    5. 大相撲初場所 横綱・白鵬が休場 2場所ぶり

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]