特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

名人戦

22手目考慮中に昼食休憩 第2局

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
初手を指す挑戦者の稲葉陽八段(手前左)。手前右は佐藤天彦名人=青森県弘前市の藤田記念庭園で2017年4月20日午前9時、佐々木順一撮影
初手を指す挑戦者の稲葉陽八段(手前左)。手前右は佐藤天彦名人=青森県弘前市の藤田記念庭園で2017年4月20日午前9時、佐々木順一撮影

 佐藤天彦名人(29)に稲葉陽八段(28)が挑戦、稲葉の1勝で迎えた第75期名人戦七番勝負第2局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、青森県弘前市、同市教育委員会、名人戦弘前市実行委員会後援)は20日、弘前市の藤田記念庭園で始まった。

 初防衛を目指す佐藤に対し、名人戦初登場の稲葉が挑む今期七番勝負。第1局は後手番の稲葉が横歩取り戦を制し快勝した。

 定刻午前9時、立会の屋敷伸之九段が声をかけて対局開始。稲葉は初手7六歩から3手目6八銀で矢倉戦を志向した。

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文548文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集