メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

退位特例法案

安定継承、表現が焦点 与野党が協議開始

衆参正副議長見解と特例法案骨子の相違点

 政府が5月の大型連休明けに提出する天皇陛下の退位を実現する特例法案を巡り、与野党協議が始まった。与党が提示した法案骨子や付帯決議案は、衆参正副議長のもとでとりまとめた国会見解と異なる点があり、民進党は反発している。中でも安定的な皇位継承の検討についての付帯決議案には国会見解にあった「女性宮家創設」が盛り込まれていない。安定継承をめぐる表現が協議の焦点になりそうだ。

 自民党の茂木敏充政調会長は19日、公明党の北側一雄副代表、民進党の馬淵澄夫・党皇位検討委員会事務局…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  4. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  5. 大阪府警 手帳示し「捜査だ」JRに不正乗車の巡査長処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです