訪日外国人

1~3月13%増 伸び率は鈍化

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 観光庁は19日、1~3月に日本を訪れた外国人旅行者が約653.7万人と、前年同期に比べて約13.6%増加したと発表した。四半期ごとの訪日客数としては過去最高を更新したが、2月、3月と2カ月連続で前年同月比伸び率は1桁台にとどまっており、安倍政権が掲げた「2020年に4000万人、30年に6000万人」の目標達成に向けて真価が問われそうだ。

 訪日外国人旅行者の消費額も発表され、1~3月期は9679億円と、前年同期から4%増加した。ただ、訪日外国人1人あたりの旅行支出は14万8066円と前年同期8.5%減。特に「爆買い」が落ち着いてきた中国(14.9%減)を中心に、アジア圏の落ち込みが目立った。

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文657文字)

あわせて読みたい

ニュース特集