米大統領補佐官

「イバンカ」商標登録、中国が認可

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン高本耕太】米中首脳会談が開かれた今月6日、トランプ米大統領の長女イバンカ補佐官の名前を冠した衣料・服飾ブランドの商標登録申請に対して、中国政府が認可を出していたと欧米メディアが報じている。両首脳の夕食会にはイバンカ氏も同席していた。トランプ一家のビジネスと公務との「利益相反」の問題が再び議論になっている。

 AP通信によると、中国商標局は6日、「イバンカ」ブランドの宝石とバッグ、スパ事業に関する商標登録申請3件に対して、認可を内示していた。同日、トランプ氏は中国の習近平国家主席と米フロリダ州で会談。夕食会にはイバンカ氏も出席し、習氏夫妻の隣に座って談笑した。またイバンカ氏の長女でトランプ氏の孫娘アラベラちゃん(5)が習氏夫妻に中国語で歌を披露する様子は中国で大きく話題になった。

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文562文字)

あわせて読みたい

注目の特集