メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カラスがハンガー架線に 電車258本遅れ

カラス(イメージ)=ゲッティ

 19日朝、阪急淡路駅(大阪市東淀川区)の京都線の架線に、ハンガーが引っかかっているのを電車の車掌が見つけた。車掌は「カラスがハンガーを引っかけた」と説明。京都線の上下258本が遅れ(一部区間運休)、約10万3000人に影響が出た。

     阪急電鉄広報部によると、19日午前6時半ごろ、河原町発梅田行きの快速が淡路駅に停車中、男性車掌が目撃した。カラスは飛び去ったが、ハンガーを取り除くためダイヤが乱れた。利用客とみられる人のツイッターには「遅刻した理由無理があってつらすぎ」「面白い遅延やわ」など投稿が相次いだ。【池田一生】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 警視庁 「社交界のプリンス」逮捕 少年の全裸撮影容疑
    2. かもめ駐車場 江の島最大級、あすオープン /神奈川
    3. 豊洲移転 来春から来秋にずれ込む 都方針
    4. 山本担当相 秘書官作成メモ「既に廃棄した」
    5. 九州豪雨 熱々の支援お届け 福岡・朝倉の避難所

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]