メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鉄道トラブル

カラスがハンガー架線に 電車258本遅れ

カラス(イメージ)=ゲッティ

 19日朝、阪急淡路駅(大阪市東淀川区)の京都線の架線に、ハンガーが引っかかっているのを電車の車掌が見つけた。車掌は「カラスがハンガーを引っかけた」と説明。京都線の上下258本が遅れ(一部区間運休)、約10万3000人に影響が出た。

     阪急電鉄広報部によると、19日午前6時半ごろ、河原町発梅田行きの快速が淡路駅に停車中、男性車掌が目撃した。カラスは飛び去ったが、ハンガーを取り除くためダイヤが乱れた。利用客とみられる人のツイッターには「遅刻した理由無理があってつらすぎ」「面白い遅延やわ」など投稿が相次いだ。【池田一生】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメフット 関学大が日大定期戦を中止、回答に誠意認めず
    2. ORICON NEWS 声優・金元寿子、海外留学のため休業へ 来年3月復帰予定
    3. 石川・粟津駅 2男児、特急と接触か 1人死亡1人重体
    4. マレーシア機撃墜 親露派地域から発射 中間報告
    5. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]