メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山本担当相「がん」発言

学芸員怒り心頭「現場知らない」

衆院本会議で学芸員に対する自らの発言について陳謝して頭を下げる山本幸三地方創生担当相=国会内で2017年4月18日、川田雅浩撮影

 「一番のがんは文化学芸員」という山本幸三地方創生担当相の発言が波紋を広げている。山本氏は「適切ではなかった」と撤回したが、歴史や文化を次世代に伝える役割を担う学芸員から憤りの声が上がっている。

 問題の発言は山本氏が16日、大津市で訪日外国人の誘致に関し、学芸員について「観光マインドが全くなく、一掃しないとだめだ」と話したもの。世界遺産の二条城(京都市中京区)も「過去、全く英語の案内表記がなかった」と断定的に語った。

 ただ、二条城を管理する元離宮二条城事務所の北村信幸所長によると、英語の看板やパンフレットは以前から…

この記事は有料記事です。

残り737文字(全文997文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 「相手のQBをつぶせ」前監督らが指示
  2. アメフット 日大選手「被害とご迷惑をおかけし謝罪」
  3. 福岡県教委 中3女子を買春 男性教諭を免職処分
  4. 強制わいせつ容疑 26歳消防士を逮捕 山梨県警
  5. 世田谷一家殺害 「犯行時15歳~20代男」年齢幅絞る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]